辛味大根と普通の大根、その違いとは!?

無料発送 センシズ 接続口=R1/4 溶接構造 高精度コネクタ型圧力センサ CLI-005MP-02 トルク、圧力計
無料発送 センシズ 接続口=R1/4 溶接構造 高精度コネクタ型圧力センサ CLI-005MP-02 トルク、圧力計
e-hakaru/cli005mp02-sensez-y125945-9000-5rH
21,050円 42,100円
センシズ CZLI-500KP-02 高精度コネクタ型圧力センサ チタン製溶接構造 , 圧力計 高精度小型圧力センサ HBシリーズ | 製品情報 | 株式会社センシズ, センシズ CZLI-500KP-02 高精度コネクタ型圧力センサ チタン製溶接構造 , センシズ CZLI-500KP-02 高精度コネクタ型圧力センサ チタン製溶接構造 , センシズ CZLI-500KP-02 高精度コネクタ型圧力センサ チタン製溶接構造 , センシズ CZLI-500KP-02 高精度コネクタ型圧力センサ チタン製溶接構造

■小型圧力センサー CLシリーズの特長

●取扱いが便利でメンテナンス性も抜群なゲージ圧センサ
●溶接構造のゲージ圧センサ「HLシリーズ」のコネクタタイプ
●ガス、薬液など広範囲の圧力媒体に対応
●負圧、連成圧タイプも可能
●精度:±0.5%FS以下
●アンプ回路内蔵の1〜5VDC または4〜20mADC の出力信号
●過大圧力:
<CLV>定格圧力の200%
<CLI>定格圧力の150%
●用途·実績例
·コンプレッサの吐出圧測定
·ポンプの吐出圧測定
·開放タンクのレベル測定
·純水製造装置の圧力管理
·冷凍機のガス圧測定
·フィルタの目詰まり検知

●よく使用される業界:精密機器、半導体·液晶、機械、食品·薬品製造業、工業材料·素材、その他

■圧力センサー コネクタ型 CLI-005MP-02 の仕様
●種類:CL
●出力形態:電流
●圧力レンジ:0〜5MPa
●ケーブル長:2m
●圧力接続口:R1/4

メーカー:センシズ(SENSEZ)

■コネクタ型圧力センサ CLV·CLIシリーズの仕様

シリーズCLV/CLI
圧力の種類ゲージ圧
※真空仕様圧力は、10kPa abs以上で使用してください。(使用温度範囲0〜60℃)
過大圧力CLV:定格圧力の 200%/ CLI:定格圧力の 150%
接液部材質ダイアフラム:SUS316L 圧力ポート部:SUS316
封入液シリコーンオイル
適用媒体気体および液体(接液部材質を害さない物)
電源12 〜 28VDC
出力CLV:1 〜 5VDC / CLI:4 〜 20mADC
消費電流CLV:6mA 以下
負荷抵抗CLV:1k Ω以上/ CLI:600 Ω以下(電源 DC24V 時)
応答性5msec 以下
精度(直線性)± 0.5% F.S. 以下(± 0.3% F.S. 以下)
温度特性± 0.05% F.S. /℃以下(0 〜 60℃)
補償温度範囲0 〜 60℃
使用温度範囲
測定媒体温度
- 20 〜 80℃(氷結しない事)
- 20 〜 100℃(氷結しない事)
使用湿度範囲35 〜 85% RH(結露しない事)
圧力接続口R1/4(標準)·R3/8·R1/2·G1/4·G3/8
ケーブルφ 6 ビニール(コネクタ付):2000mm(標準) シールドケーブル+大気開放パイプ(-003MP、-005MPは除く)
構造IP66
絶縁抵抗100M Ω以上/ 500VDC
耐電圧500VAC 1分
耐振性98.1m / s2 2時間(XYZ 方向)
質量約 260g

センシズ CZLI-500KP-02 高精度コネクタ型圧力センサ チタン製溶接構造
圧力計 高精度小型圧力センサ HBシリーズ | 製品情報 | 株式会社センシズ
センシズ CZLI-500KP-02 高精度コネクタ型圧力センサ チタン製溶接構造
センシズ CZLI-500KP-02 高精度コネクタ型圧力センサ チタン製溶接構造
センシズ CZLI-500KP-02 高精度コネクタ型圧力センサ チタン製溶接構造
センシズ CZLI-500KP-02 高精度コネクタ型圧力センサ チタン製溶接構造

辛味大根と大根の違い

辛味大根という大根をご存知ですか?
名前の通り"ピリッ"とした強い辛さが特徴で、見た目はかぶとそっくりで区別がつかない程ですが、立派な大根です。一般的な大根(青首大根と呼ばれます)とは、味も大きさも硬さも水分量も違います。大根と総称していても、辛味大根と青首大根は別の食材です。

辛味大根の生産量が少なくなった理由

日本各地に色彩豊かな多くのその土地ならではの地大根がありました。現在ではスーパーの野菜売り場を見ても、並んでいる大根は青首大根のみという状況です。

辛味大根は生産にも手間がかかります。青首大根は一部が土の上にあるため、大きさが判断しやすく、更に抜きやすいなどのメリットあります。病気にも強いため、育てやすく、収穫もしやすい理想的な大根が青首大根という訳です。一方の辛味大根は、収穫直前でも土の中に埋もれているので、収穫のタイミングがわかりにくいと言われます。

また、消費する側も辛味が苦手な子供でも食べることが出来る大根を求め、青首大根を多く買うようになりました。こうして各地に根付いていた地大根は少なくなり、いつの間にか希少品種と呼ばれるようにもなりました。

辛味大根、まずは大根おろしで

青首大根は、煮ても、焼いても、茹でても美味しく頂ける万能な食材です。一方、辛味大根はアクが強いので青首大根と同じ使い方はおすすめ出来ません。
辛味大根はまず大根おろしにして食べるのがおすすめ。辛味大根は、皮と実の間に栄養成分が多いので出来るだけ皮のまますりおろした方が辛く、また効能も期待出来ます。
☆ Chloe ☆ リボンタイ ストライプシルク ブラウス♪SALE

無料発送 センシズ 接続口=R1/4 溶接構造 高精度コネクタ型圧力センサ CLI-005MP-02 トルク、圧力計 沖縄県·離島は別途送料が発生します:了承致します(事前に送料を連絡します)


WWW.SALEOUTLET.CO.UK RSS