辛味大根と普通の大根、その違いとは!?

≪超目玉★12月≫ 大見 35SQクリンキーカッター 33.0mm CCSQ330 その他カッター
≪超目玉★12月≫ 大見 35SQクリンキーカッター 33.0mm CCSQ330 その他カッター
laplace/105-3108-19758-tvx
5,809円 8,937円

【特長】
●特許新3分割刃によりスピーディーで長寿命です。
●センターピン方式を採用していますので、位置決めが容易で、穿孔が終わると、自動的にコアは排出されます。
【用途】
●被削材:鋼板、形鋼、ステンレス、鋳鉄、カーボンなどの平板、パイプ。
●溶接構造用鋼材(SM材)、建築構造用鋼材(SN材)対応。
【仕様】
●刃径(mm):33.0
●適合機種:日東工器(QA-3500)、育良精機(IS-LB30SW、IS-LB40SW、IS-LB50SW)、大見工業(MGF30AH、MGF40AH、MGF50AH)
●最大加工板厚(mm):35


【特徴】
●特許新3分割刃によりスピーディーで長寿命です。
●センターピン方式を採用していますので、位置決めが容易で、穿孔が終わると、自動的にコアは排出されます。
【用途】
●被削材:鋼板、形鋼、ステンレス、鋳鉄、カーボンなどの平板、パイプ。
●溶接構造用鋼材(SM材)、建築構造用鋼材(SN材)対応。
【仕様】
●刃径(mm):33.0
●適合機種:日東工器(QA-3500)、育良精機(IS-LB30SW、IS-LB40SW、IS-LB50SW)、大見工業(MGF30AH、MGF40AH、MGF50AH)
●最大加工板厚(mm):35

辛味大根と大根の違い

辛味大根という大根をご存知ですか?
名前の通り"ピリッ"とした強い辛さが特徴で、見た目はかぶとそっくりで区別がつかない程ですが、立派な大根です。一般的な大根(青首大根と呼ばれます)とは、味も大きさも硬さも水分量も違います。大根と総称していても、辛味大根と青首大根は別の食材です。

辛味大根の生産量が少なくなった理由

日本各地に色彩豊かな多くのその土地ならではの地大根がありました。現在ではスーパーの野菜売り場を見ても、並んでいる大根は青首大根のみという状況です。

辛味大根は生産にも手間がかかります。青首大根は一部が土の上にあるため、大きさが判断しやすく、更に抜きやすいなどのメリットあります。病気にも強いため、育てやすく、収穫もしやすい理想的な大根が青首大根という訳です。一方の辛味大根は、収穫直前でも土の中に埋もれているので、収穫のタイミングがわかりにくいと言われます。

また、消費する側も辛味が苦手な子供でも食べることが出来る大根を求め、青首大根を多く買うようになりました。こうして各地に根付いていた地大根は少なくなり、いつの間にか希少品種と呼ばれるようにもなりました。

辛味大根、まずは大根おろしで

青首大根は、煮ても、焼いても、茹でても美味しく頂ける万能な食材です。一方、辛味大根はアクが強いので青首大根と同じ使い方はおすすめ出来ません。
辛味大根はまず大根おろしにして食べるのがおすすめ。辛味大根は、皮と実の間に栄養成分が多いので出来るだけ皮のまますりおろした方が辛く、また効能も期待出来ます。
パトライト ハンドビーム HL-12M

≪超目玉★12月≫ 大見 35SQクリンキーカッター 33.0mm CCSQ330 その他カッター


WWW.SALEOUTLET.CO.UK RSS