辛味大根と普通の大根、その違いとは!?

【SEAL限定商品】 ステンレスフード 1950×950×450H SUS304 1.0t BA その他
【SEAL限定商品】 ステンレスフード 1950×950×450H SUS304 1.0t BA その他
anaheimshop/sus304-1950950450-ba-3621-jsH
29,563円 98,544円

写真はイメージです
SUS304 1.0t BA(ミガキ)
1950×950×450H 箱型フード

フードは大型商品にて個人名では
運送屋の受付が行えません
法人名·屋号·現場名を送り先入力時に必ずご記入ください

注意
開口·吊穴は指示無きときは開けません
開口無料でお開けします
開口が必要な場合は
発注後メールにて図でメールかFAXにてご指示願います

ダクト開口無料
ファン用壁面開口無料
吊穴無料
ただし実働制作前に限る


質問等ございましたらお問い合わせください。

注意
沖縄·離島へは発送できませんので
あらかじめご了承ください。
沖縄·離島の場合別途見積もりとなります。

受注生産品にてキャンセル不可

株式会社 アナハイム
shop@anaheim.shop-pro.jp
フード製作販売部門
TEL050-5898-9930
FAX022-774-1512

納期は1週間程度で出荷(時期による)

辛味大根と大根の違い

辛味大根という大根をご存知ですか?
名前の通り"ピリッ"とした強い辛さが特徴で、見た目はかぶとそっくりで区別がつかない程ですが、立派な大根です。一般的な大根(青首大根と呼ばれます)とは、味も大きさも硬さも水分量も違います。大根と総称していても、辛味大根と青首大根は別の食材です。

辛味大根の生産量が少なくなった理由

日本各地に色彩豊かな多くのその土地ならではの地大根がありました。現在ではスーパーの野菜売り場を見ても、並んでいる大根は青首大根のみという状況です。

辛味大根は生産にも手間がかかります。青首大根は一部が土の上にあるため、大きさが判断しやすく、更に抜きやすいなどのメリットあります。病気にも強いため、育てやすく、収穫もしやすい理想的な大根が青首大根という訳です。一方の辛味大根は、収穫直前でも土の中に埋もれているので、収穫のタイミングがわかりにくいと言われます。

また、消費する側も辛味が苦手な子供でも食べることが出来る大根を求め、青首大根を多く買うようになりました。こうして各地に根付いていた地大根は少なくなり、いつの間にか希少品種と呼ばれるようにもなりました。

辛味大根、まずは大根おろしで

青首大根は、煮ても、焼いても、茹でても美味しく頂ける万能な食材です。一方、辛味大根はアクが強いので青首大根と同じ使い方はおすすめ出来ません。
辛味大根はまず大根おろしにして食べるのがおすすめ。辛味大根は、皮と実の間に栄養成分が多いので出来るだけ皮のまますりおろした方が辛く、また効能も期待出来ます。
綿・ポリ混紡 空調服/作業着 〔ファンカラー:グレー カラー:シルバー L〕 リチウムバッテリー付 コットン混 LIPRO2 KU90470

【SEAL限定商品】 ステンレスフード 1950×950×450H SUS304 1.0t BA その他


WWW.SALEOUTLET.CO.UK RSS